FC2ブログ

のばらのアリア

2006年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2006年09月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2006年08月
ARCHIVE ≫ 2006年08月
      
≪ 前月 |  2006年08月  | 翌月 ≫

弥勒の月/あさのあつこ

弥勒の月

あさのあつこさんといえば「バッテリー」ですが、私は未読です。
どういうものを書かれるのか興味はありましたので、今回は「バッテリー」ではなく
あさのさん初の時代小説「弥勒の月」を読んでみました。

本所相生町に流れ着いた女の溺死体。
女は小間物問屋・遠野屋の若おかみ、おりんだった。
目撃者もおり、身投げと処理しようとした同心・木暮信次郎は、再度の探索を願う
女の夫、清之介に商人とは思えないただならぬものを感じ取る。
岡っ引きの伊佐治とともに清之介を探り始める信次郎。
浮かび上がる清之介の過去には深い闇が。。。

不審な死をとげた女の謎を追う同心、とくれば捕物帖。
悪い癖でそう思い込み読み始めましたが、違ってました。
頭が切れてエキセントリックな信次郎と冷静でそつのない商人に見える清之介は
似たもの同士。こころに闇を抱える男たちなんですねー。
うん、お話としてはよくあるものですね。
人にいえない過去を持つ男とそれを追う男、そして過去からの刺客、みたいな。
国や時代がどこでも使える普遍的なお話です。マンガや小説によくあるでしょう?
こういうお話の場合、どれくらい登場人物の魅力を感じられるか、内面の描写や
細部の書き込みが、面白いかどうかの判断になると思われます。
この作品は普通、ですかね。悪くはないですが、すっごく良かったとは?
大事な脇役も伊佐治は大成功ですが、おりんはねえ。
清之介に「弥勒」とまでいわせるものを何一つ感じられませんでした。残念。
なんとなく続編アリか?とおもわせる最後でした。アリなら読んでみましょうか。

ふと思いましたが、ラノベ好き、BL好きの方にこの作品はツボがあるかも?
プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ