FC2ブログ

のばらのアリア

2010年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2010年08月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年07月
ARCHIVE ≫ 2010年07月
      
≪ 前月 |  2010年07月  | 翌月 ≫

オー!ファーザー

由紀夫の家は、六人家族。その構成は母一人、子一人、そしてなぜか父親が四人!
ちょっと変わった父親たちに育てられた由紀夫は普通の高校生で、普通に生活していたはずなのに。変な事件に巻き込まれて―。

オー!ファーザー
この作品は新聞連載だったそうです。良いなぁ~。毎朝、新聞をひらくのが待ち遠しくなったでしょうね。伊坂さんの作品には映像化されたものがけっこうありますが、これも良いかも。読んでいて頭に次々と映像が浮かんできますもん。マンガでもいいな。
個性的な父親たちと由紀夫の会話が伊坂さんらしく軽妙で絶妙。
それぞれが得意分野を由紀夫に教え込んでいるんですが、父親が一人じゃこんなに硬軟とりまぜて教育できないw
日常の小さなトラブルが積み重なって、とんでもないことに巻き込まれていく由紀夫。事態は深刻ですが、四人の父親がどう動くのかと最後までわくわくしながら読むことができました。伏線が後半にぴたりぴたりとはまっていく心地よさは伊坂作品のお約束です。仲の良い羨ましくなるような家族の話だから読んでいて気分が良いし、楽しいです。実際こんなお父さんなら四人いてもいい~と読まれた方は思うのでは。由紀夫はとても愛されていて幸せですね。それだけに最後に由紀夫が一瞬想像してしまう、その日がくることがたまらないですが。

伊坂さんによるあとがきが興味深かったです。
たぶん伊坂作品は全部読んでいるのですが、このところ発表されるものが明らかに以前と違っていました。変わろうとしているな、という感じ。あとがきに、そのあたりのことが触れられているのです。「ゴールデンスランバー」からが第2期、「オー!ファーザー」は第1期の最後の作品になる、とのことでした。なるほど。
伊坂ファンの間でも第2期の作品のいくつかに違和感をもった人が多かったみたいです。その気持ちはわかりますね。が、「違う」作品の方もなかなか強い印象を残すものがあり、今のところ私は嫌いではありません。これからどんなふうに伊坂さんが変わっていくのか楽しみでもあります。
とはいえ、得意な要素とパターンで書き上げられたという「オー!ファーザー」のような作品もやっぱり読みたいですね。

さて、この「オー!ファーザー」
カテゴリ読んだほんの記念すべき?100冊目の本になりました。ブログ再開後、しばらくして次が100冊目になると気づいたのですが、そんなにたくさん書いた覚えがなく、何かの間違いかと思いました(^▽^;)しかし、さかのぼって調べたら、ちゃんと99冊の書評のようなものがあってビックリブログをお休みする前はまじめに書いていたんだなぁとしみじみしちゃいました。
これからまたボチボチ書いていきたいです。
どうか、おつきあいくださいね
プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ