FC2ブログ

のばらのアリア

2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP読んだほん ≫ お鳥見女房/諸田玲子

お鳥見女房/諸田玲子

お鳥見女房蛍の行方鷹姫さま

江戸・雑司が谷
矢島家は代々お鳥見役をつとめる家。直参でも身分は高くない御家人です。
お鳥見役は、将軍さまの鷹狩りのため、鷹の餌を調達(猛禽ですから生餌)
鷹場の巡検、鷹狩りの下準備などがお仕事です。
しかし、それは表向きの仕事。お鳥見役には密偵として諸国を探索するという
裏のお役目があったのです。
主人項・珠世は矢島家の一人娘に生まれ、お婿さんを迎えて
男女二人づつの子供を育て上げ、今では孫もいます。
珠世の父、久右衛門は隠居していますが、毎日ウォーキングに励み、まだまだ元気。
ある日、久右衛門を訪ねて、石塚源太夫という浪人がやってきます。
久右衛門は昔、彼に助けられた事があったのですが、すっかり忘れていました(^^;)
行くあてもなく、しばらく世話になりたいという源太夫。
快く引き受ける珠世ですが、なんと源太夫には5人の子供が一緒だったのです。
その上、源太夫を父の敵と狙う女剣士・多津までがなりゆきで矢島家に住む事に。
お米の心配はあるものの、なんとかなるわと笑顔で受け入れる珠世。
そんな中、とうとう、夫・伴之助が裏のお役目を申し付けられてしまいます。
突然旅立った夫は、その後行方知れずに。。。

諸田玲子さんを読むのは初めてでした。
いや~、面白い!
主人公・珠世がなんとも素敵です。
40代半ばくらいでしょうか。辛い事、悲しい事、苦労は絶えないのに
明るくてプラス思考。人の気持ちを推し量り、今できる最善のことを考えます。
器が大きいです。
フツー、得体の知れない浪人としつけのなってない子供5人、引き受けたりできませんよ。
キュートなえくぼで人を和ませ、すべてをどーんと受け入れてくれるみんなのお母さんです。
良いですね~。こういうヒトに私ハナリタヒ。
基本、ホームドラマなんですが、源太夫と多津は?伴之助の行方は?子供たちの縁談は?
と、先がどうなるのか、気になって気になって、思わずイッキ読みしてしまいました。
私は時代小説を読んだら、両親にも貸してあげるんですが
こういうのは好きじゃないかな?と思った父までがはまったようで熱心に読んでいますw
次が待ち遠しいシリーズに出会えて、嬉しいです。

Comment

おもしろそう!
編集
のばらさん読書日記も書かれているんですね。
読んでたらあれもこれも読みたくなりましたよ。
なかでも気になったのが、この「お鳥見女房」です。
時代小説は山本周五郎さんとかよく読みました。
近々図書館に行くので検索してみます。
2006年06月14日(Wed) 10:07
ようこそ~。
編集
ゆみこうさん、いらっしゃいませ~♪
そうなんです、読書日記けっこう力入れて書いてるんですよー。
最初は続くかな?と思ったんですが、今では楽しんでいます。
「お鳥見女房」おもしろいですよ!
読んだら感想お聞かせくださーい(^.^)
2006年06月14日(Wed) 19:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ