FC2ブログ

のばらのアリア

2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP読んだほん ≫ 帝都衛星軌道/島田荘司

帝都衛星軌道/島田荘司

帝都衛星軌道
その昔、占星術殺人事件を読んでファンになってから、ずっと読み続けている
島田荘司さん。
今や、本格ミステリ界の巨匠ですね。
「帝都衛星軌道」の帯には、“正直言って、自信作です。”
巨匠の自信作~!\(^○^)/

平凡な信金サラリーマンの紺野の息子が誘拐された。
犯人は身代金の受け渡しに妻・美砂子を指定。しかし、要求はたったの15万円。
犯人の真の目的は・・・?

前・後編にわけられた「帝都衛星軌道」は、なんだかすごく普通の警察小説のように
始まりますが、それで終わるわけがないのはわかっていますw
謎の提示が前編、解決が後編になるのですが、その間にもう1編
「ジャングルの虫たち」が挟み込まれています。
こちらはホームレスとして生きる男が新聞記事で見かけた過去の知り合いの回想
といったお話。このふたつがどう繋がるのか?
興味深く読みすすめていったわけですが~。

シリーズ物のような派手さや奇想天外なところはないです。
島田さんが冤罪・死刑反対のために活動されている実際の事件と昔から展開されている都市論のための小説、といった感じがしました。
もちろん、小説として読ませる力は変わりなく、引き込まれます。
ちょっとムリヤリかなーと思う箇所がないでもないですが。
現在の島田さんの都市への興味、摩天楼の怪人にも通じるものがありましたね。
やはり、ファンなら読んでおかねばならないでしょう。
でもでも、自信作って~!?

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ