FC2ブログ

のばらのアリア

2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP読んだほん ≫ れんげ野原のまんなかで/森谷明子

れんげ野原のまんなかで/森谷明子

れんげ野原のまんなかで

図書館、週に一度は必ず行きます。
以前はそうでもなかったんですが、近所に新しい図書館ができたのがきっかけです。
ネット予約が出来るようになってからは読む本の大部分が図書館の本になりました。
高校生くらいのときに司書になるのもいいかも、と思ったことがあります。
そのときは真剣に考えていたわけではないですが、真剣に考えればよかったなー
なんて、今頃思ったりして。
「れんげ野原のまんなかで」は図書館が舞台、主役は司書の女の子です。

秋庭市のはずれもはずれ、ススキの生い茂る斜面の真ん中にできた新しい図書館。
そこに配属された文子は新米司書です。先輩司書の能勢さんや日野さんの教育を
受けつつ、大好きな本に囲まれての仕事ですが、なにせはずれにある図書館。
利用者が少ないのです。あくびを連発しながら過ごす事もめずらしくない日々の中、
小学生の男の子たちが毎日のようにやってきてくれるようになったのですが、
この子たちの目的は明らかに本ではないのです。
ただのいたずら?目的はいったい何なのか?それと同時に頻発する忘れ物は?

日常の謎系のミステリです。殺人事件とか起こりません。
児童書が絡んだ謎や、誰かが本をつかっておこなっている暗号通信など、
なかなか面白かったです。懐かしい本が出てきたりして嬉しかったですし。
謎の答えは読んでるうちに、けっこう早くピンときます。
探偵役は文子ではなく、先輩の能勢さんです。
若い女の子の語り手と年上の男性の謎解き、とくれば誰もが思い浮かべるのが
北村薫氏の“円紫さんと私”のシリーズ。
魁であり、名作ですから比べられると辛いでしょうが、つい比べちゃいます。
そして、北村氏のシリーズを越えたものは、今のところないな、と思いました。
この作品も悪くはない、楽しく読めましたが、図書館をよく利用する者として
疑問が残る点が多々ありますし、文子にもう少し魅力が欲しいところです。

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

(書評)れんげ野原のまんなかで
著者:森谷明子 れんげ野原のまんなかで価格:¥ 1,575(税込)発売日:200
2006年09月24日(Sun) 13:29
プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ