FC2ブログ

のばらのアリア

2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP読んだほん ≫ チョコレートコスモス/恩田陸

チョコレートコスモス/恩田陸

チョコレートコスモス

困ったなー。
いつも簡単な粗筋を紹介しているのですが、今回は気が乗りません。
なんでって、すごく面白かったから!
私の日記を読んでくださってる方の中で、これから「チョコレートコスモス」を
読もうと思ってる人がいたら、前知識なしで読んで欲しいと思ったのです。
話の筋がわかったからといって、つまらなくなるような作品ではないですよ。
私の中で恩田陸さんの作品ベスト1に躍り出ました。面白いっ!
上質のエンタテインメントです。
真っ白な状態で読むほうが幸せじゃないですか?

ちょっとは知りたいな、って方はこちらへ~。


いやいや、ほんとはものすごーくこの作品について語りたいんですよ、私(笑)
読み出したら止まらない、先を知りたくてたまらない、ページが残り少なく
なって悲しくなる、ってくらい面白かったですから。
やっぱり粗筋を書きましょう。

有名俳優を両親に持ち、子役から始まり、当然のように女優の道を歩む東響子。
素晴らしい演技で若くして名声をものにした彼女ですが、ここへきて
このままでいいのか、迷いを感じ始めています。
そして、佐々木飛鳥。
大学の劇研からはみでた劇団に突然入れて欲しいといって現れた少女。
彼女は、抜群の身体能力と恐ろしいほどの演技力の持ち主だったのです。
このふたりが出会うのはあるオーディション会場。
伝説の演出家・芹澤泰次郎が久々に新作舞台を演出するということで密かに
選ばれた女優が集められたのでした。
その新作は女優の二人芝居ということだけ、決まっていたのです。
良い意味でも悪い意味でも、観客の目を引く初舞台を終えた飛鳥も無名ながら
選ばれていました。
響子は演出家本人にかけあったにもかかわらず、オーディションに呼ばれず
なんと、最終オーディションでの課題で相手役を務めるように依頼されます。
はじめて同じ舞台に立ったふたりは。。。

こういうお話でのポイントは、天才的な女優とか寒気がするほどの演技と
書かれているのを読んでて納得できるか?ってことじゃないでしょうか。
彼女たちの演技がどれだけすごいのか、“素晴らしい演技だった”と書いて
あるだけじゃわかりません。読んでいるものを納得させ、物語の中で
芝居を見た人が感じた衝撃を同じように感じさせてくれなくては。
この作品では、それができているのはもちろん、こちらの予想を上回って
いるんです。それも1回だけじゃない。
恩田陸さんが巧みなストーリーテラーであることは知っていましたが、今回は
その才能と技量を思い知らされた感じがしました。すごいですね。
夢中で読み、読んだ後も余韻が残る、幸せな時間をもらいました。
そして気になるのが、終わり方。
絶対続きがある!楽しみに待っています。

Comment

管理人のみ閲覧できます
編集
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2006年09月07日(Thu) 20:41
編集
お気遣い、ありがとうございます。
おっしゃるとおり、その作品のオマージュになってます。
きっと、恩田さんも愛読されていたんでしょうね(^.^)
とっても面白かったですよ!

私も、毎日ブログを見に行かせてもらってます~。
2006年09月07日(Thu) 23:11












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ