FC2ブログ

のばらのアリア

2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP読んだほん ≫ 白夜街道/今野敏

白夜街道/今野敏

白夜街道

元KGBの暗殺者だったヴィクトル・タケオビッチ・オキタ。
現在はKGBの特殊部隊の仲間が興した警備会社でボディガードになっています。
貿易商・ペデルスキーの警護のため日本を訪れたヴィクトル。
そして、ヴィクトルの来日を知った警視庁公安部・倉島警部補はひそかに
ヴィクトルを探り始めるのですが、何事もなく二人は帰国します。
ところが、その後、ペデルスキーが会っていた外務省の河中という人物が変死。
ヴィクトルとペデルスキーを追って、倉島はロシアへ。。。

これは曙光の街の続編にあたります。
前作を読んだ方が面白く読めると思います(^^;)
今野敏さんはいろんなジャンルの小説をお書きですが、私が好きなのは
警察小説とエンタテインメントです。
どの作品も主人公が基本、良い人なんですね。それに悲惨なラストがない。
そのせいか、安心して読めるんですよねー。途中でハラハラする展開でも
今野敏がひどい最後にするはずがない!という信頼を持って読んでいます。
そういう作家さんもいてくれなくては、ね。
今野さんは空手道今野塾を主宰され、ロシアにも支部をお持ちだそうです。
それでロシアの国内事情に詳しいんですね。町の様子や暮らしぶりなんかも
きっと見てこられたものが反映されているんでしょう。
今回、ヴィクトルがちょっとぬるくなったな、と感じながら読んでましたが、
作者の意図で、後半、盛りかえしてくれました。
前作でその後が気になったエレーナも元気で登場します。

これ読むと、ヨーグルト食べたくなります(^.^)



Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ