FC2ブログ

のばらのアリア

2019年10月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年12月
TOP読んだほん ≫ 灰色のピーターパン/石田衣良

灰色のピーターパン/石田衣良

灰色のピーターパン

果物屋の店番にして池袋のトラブルシューター・マコトが活躍するIWGPシリーズ、
もう6冊目になるんですね。
しかし、このIWGPシリーズという呼び名、他のものを思い浮かべてしまって
私はなじめません(^^;)自分も!というあなたは○○○○ファンですねw
さて、今回もマコトのもとには様々なトラブルが持ち込まれます。
いつもの仲間の手を借りながら、鮮やかに気持ちよく解決!というお話が4篇。
マンネリ化してきたという声も多々あるようですねー。
シリーズはある意味、マンネリ化を楽しむものでもあると思いますので、
それについては別にかまわない私です。つまらなくなったら読まないですけど。
それよりも今回はどんな事件がやってくるのか?ってことですね。
このシリーズは社会的な問題を取り上げることが多く、今の時代を切り取った
エピソードが魅力でもあります。
それをマコトは(石田衣良は)どう思い、どういった解決を見出すのか。
今回は~、そうですね。それなりに面白かったってとこでしょうか。
石田さんは上手い作家さんですから。
キレの良さを感じたり、ぐっと入り込めるものは残念ながらありませんでしたが
「野獣とリユニオン」はなかなか素敵なお話でした。
まだまだ次が楽しみなシリーズです。
そうだ、久しぶりにシリーズ外伝も読んでみたいですね。
良いキャラ揃ってますから(^.^)

・・・池袋乙女ロードってどんなところなのかなぁ。



Comment

石田衣良さん
編集
石田衣良さんの作品はまだ読んだことがありません。
石田さんはスマートで小洒落た作風というイメージがあって。
そういうのはなんとなく苦手なので今まで敬遠してたんですよね。
本も一冊も持ってなかったのですが、
この間古本屋でIWGPシリーズ(っていうんですか?)の
第一作目を見かけて買いました。
今度読んでみます。
2006年09月15日(Fri) 05:24
編集
なるほどなるほど。
私も作家の持つイメージでなんとなく敬遠してしまうことってあります。
そういう人の作品を思い切って読んでみて、やっぱりダメってこと多いです。
作品的に良いんだろうということはわかっても、受け入れられないというか。
さて、じっちゃんさんは読んでみてどう思われるでしょう?
楽しみだなぁ~(^o^)

2006年09月15日(Fri) 20:34












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ