FC2ブログ

のばらのアリア

2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP読んだほん ≫ ボトルネック/米沢穂信

ボトルネック/米沢穂信

一昨日、ブログを書いてアップしようとしたら、突然ぜーんぶ消えちゃいました。
・・・たまにありますよね、そういうこと。
怒りと悲しみですぐに書き直す気になれませんでした。
今日は気を取り直して!
ボトルネック
嵯峨野リョウは2年前に事故死した恋人・ノゾミを弔うために東尋坊へやってきた。
彼女が死んだ場所に花を手向けたとき、強い眩暈に襲われるリョウ。
そのまま、崖下へ落ちて。。。
しかし、目をさますとリョウは金沢市内の川辺のベンチにいた。
東尋坊にいたはずなのに?崖から落ちたと思ったのに?
不可解な思いで自宅へ戻ると、そこには「姉」がいた。
リョウは両親と兄、自分の4人家族。姉など存在しない!
弟などいないという彼女と話すうちに、リョウは気づく。
ここは「僕の産まれなかった世界」なのだと。

パラレルワールドを舞台にした青春小説、と思って読み始めました。
それはそうなんですが、あまりにもハードな内容です。
イタい。キツい。
米澤穂信さん、今までのものと全然違ってました。一癖あると思っていましたが
良い意味でざっくり裏切られたという感じです。
読み始めると引き込まれて一気に読んでしまいました。読みながら、主人公の
心情を思って辛くはなるのですが、小説として面白いんですね。
そして読み終わって、ずーんとくる。
最後のページで考え込んで、なかなか本が閉じられませんでした。
自分に起こったとしたら?
目覚めると、自分が産まれなかった世界にいる。
産まれてこなかったはずの兄弟がそこにはいる。
自分の世界では不幸な結果だったことがこの世界では違う結果がでている。
それには自分より魅力的な兄弟の存在が大きく作用している。
うーん。私が産まれなかった世界。見られないですけど、見なくて良いような。
でも、その場にいたら、きっとあれこれ探って色々見てまわるかな(^^;)
もし、私がいない世界で家族や友人たちが不幸な結果を逃れ、幸せに暮して
いたとしたら、自分の気持ちとしては複雑でも「よかったな。」と思えるのでは。
良い子ぶるわけじゃないですが、そう思います。
そして、やっぱり自分はいなくていい存在なんだって静かに認識して。。。


お、一昨日書いたのと全然違う感じになったわ。ほほほ。





Comment

編集
これ「イタイ。キツイ」ですか。

大好きなパラレルワールドものですし、米沢さんは前から気になっていた作家さんなので、読みたい気もしますが、イタイのはキライなじっちゃんなので...。(辻村さんのはイタミをこらえて読んでますが)

>やっぱり自分はいなくていい存在なんだって静かに認識して。。。
このメッセージもキツイですね。う~ん、やっぱやめとこうかな。「俺なんかこの世にいなくてもいいんだ~」なんてはかなんじゃうのもいやだし。しかし気になる。

ところで、お話変わって、のばらさんのブログ、勝手ながら私めのブログのリンク集に追加させていただきました。事後承認の形になりますが、ご了承を。
2006年10月01日(Sun) 03:11
追伸
編集
>一昨日、ブログを書いてアップしようとしたら、
>突然ぜーんぶ消えちゃいました。
>・・・たまにありますよね、そういうこと。
あります、あります。
ショックですよね~。
書いたことを再現するの、けっこう大変ですもんね。
それに、誰に怒りをぶつけたらいいかわからないですしね。

>お、一昨日書いたのと全然違う感じになったわ。
てなりますよね。
2006年10月01日(Sun) 06:47
編集
いやいやいや、確かにこの作品はイタイし、キツイですが、米澤さんは
これからが楽しみな良い作家さんだと思います。
あまり書くとネタバレになってしまいますが、ラストをどう読むか、
人によって違うと思いますし。
>しかし気になる。
のでしたら、お読みになっては~(^.^)
私は米澤さんの作品では、今のところ「犬はどこだ」がお気に入りです。
こちらを先に読まれるのもいいかと。

>私めのブログのリンク集に追加させていただきました。
わーい(^o^)ありがとうございます!
とても嬉しいです!

>あります、あります。
>ショックですよね~。
じっちゃんさんもありますか!もう、一瞬頭が真っ白になりました。
>誰に怒りをぶつけたらいいかわからないですしね。
そうなんですよねー。パソコンにぶつけるわけにはいかないし(T.T)

救いは前に書いたのより、少しはマシに書けたかな?と思えたことでしょうか~。

2006年10月01日(Sun) 09:42
ラストの解釈
編集
のばらさんも 「ボトルネック」お読みになっていたんですね。
これは ただのパラレルものと思って読み始めたら おっとラストに近づくに従って 胸が痛くなりますね。
ラストの解釈は 人によって 違っていんでしょうかね?
高校生の息子が「読み終わったよ」と電話してきたのですが
ラストがよくわからない・・・とのこと。
でも そんなものじゃないかな?

米澤さんは「夏期限定・・」「春期限定・・・」を読んでこれで3冊目。「犬はどこだ」は気になっていたのですが 未読なので今度読んでみようと思います。つながりがあるのかな?
2006年10月10日(Tue) 17:23
編集
ゆーらっぷさん、こんにちは!
ゆーらっぷさんのレビューを読んで、どんな感じかなー?って思ってたんですが、
予想以上に深く重いテーマでしたね。
ラストをどう読むかは、読んでる人自身がどう選択するか、なのかな?って
思いました。わからない、もありですね。
私はですね、えーと、帰る。

「犬はどこだ」はどの作品とも繋がりはないです。
さくさく読めるミステリかな、と思ったら。。。って感じ(^.^)
ゆーらっぷさんの感想が楽しみです~。

2006年10月10日(Tue) 20:06












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

ボトルネック
ボトルネック米澤 穂信 (2006/08/30)新潮社 この商品の詳細を見る金沢の高校生 僕・・・嵯峨野リョウは 2年前に東尋坊で死んだ恋人を弔うために 同じ場所を訪れた。そこで眩暈に襲われ 意識を失ってしまう。再び目覚めたの
2006年10月10日(Tue) 17:24
プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ