FC2ブログ

のばらのアリア

2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP読んだほん ≫ 配達あかずきん/大崎梢

配達あかずきん/大崎梢

配達あかずきん

本屋さんでこの本の続編が出ているのを見かけました。
そういえば、『配達あかずきん』ってなんだか良い評判を聞いたなぁと思い、読んでみる事に(^.^)

駅ビルの6階にある成風堂書店。
しっかり者の書店員・杏子は学生時代のバイトも本屋で、もう6年、本に囲まれた生活をしています。
そんな杏子に寄せられるお客様からの問い合わせは、探している本のことだけではなく、本にまつわるさまざまな謎。
大学生アルバイト店員で勘の鋭い多絵とともに、謎に取り組んでいきます。
それは寝たきりの老人が探しているという本の暗号めいたリストだったり、「あさきゆめみし」というマンガを買った後、母がいなくなったという女性からの相談だったり。。。

本屋さんを舞台にした日常の謎系ミステリです。
タイトルも作者もわからないという女性客に、少しのヒントから杏子がその本を探し出す、というはじまりに
お!面白そう(^.^)と嬉しくなってしまいました。
連作短編で5つのお話があるのですが、どの話にも良いゲストキャラがいて、面白くまとまっています。
本格ミステリといわれると?ですが、本屋さんのお仕事の内容など、興味深く読ませてもらいました。
けっこうきついこともあるみたいだけど、本屋さんで働くって良いな~って。本屋さんとか司書さんって、なれるならなってみたい職業なんですよね。
そのくせ、本屋さんで店員さんと話すといったら「カバーかけますか?」「お願いします。」くらい。
良く見かける書店員さんの手書きポップも見るけど、参考にしてないという私(^^;)
続編は長編だそうで、本格ミステリかな?

これまでに出たミステリフロンティアの本がずらーりと並べられた、この本の装丁。
25冊のミステリフロンティア、思わず自分が読んだ本を数えると15冊ありました。しかし、なんだか違和感が。
なんと、実際に出た本とは装丁の違う25冊が並べられていたのです。
凝ってるなぁ(^.^)


Comment

配達あかずきん
編集
のばらさん、この本読まれたんですか! 
最近シンクロしますね。
僕も今読んでて最後の1話にさしかかっているところです。
読んだらレビューを書きますが、ちょっと辛口になるかもしれません。
2006年11月08日(Wed) 22:16
びっくり~
編集
じっちゃんさんも読まれているんですね。
出たばかりの新刊でもないのに、奇遇です~。
>ちょっと辛口になるかもしれません。
なるほど。辛口はじっちゃんさんにおまかせ(^.^)
レビュー楽しみにしています。
よかったら、またトラックバックしてくださいね~。
2006年11月09日(Thu) 07:39
読み終えました
編集
読み終わってみると、それなりにいい作品かなと。
辛口じゃなくなるかもしれません。
明日にはレビューのせます、のせたい、のせられるかな?
2006年11月10日(Fri) 08:00
編集
>辛口じゃなくなるかもしれません。
そうなんですか?そのあたりのこともレビューにあるのかな?
明日の予定ですね(^.^)待ってマース。
2006年11月10日(Fri) 18:54
感想書きました
編集
私のブログに『配達あかずきん』の感想を書きましたので、先ほどトラバさせていただきました。ご覧になっていただけるとうれしいです。

結局あまり辛口にはしませんでした。

>続編は長編だそうで、
おっ、そうですか、楽しみですね。

>この本の装丁
装丁のこと書くの忘れた。
>実際に出た本とは装丁の違う25冊が並べられていたのです。
そうなんですね。
僕は表紙の中の『配達あかずきん』の写真が合わせ鏡みたいに無限の絵を結んでいると面白いなと思ったりしたんですが....。
2006年11月11日(Sat) 10:20
読ませていただきました。
編集
いつもながらお見事なレビューでございました。
『配達あかずきん』未読だったら「読んでみたいな」と思ったことでしょう。
ちょこっとコメントさせていただきました(^^;)

続編は長編で、成風堂書店内でのお話ではないようです。
私も楽しみ。

装丁は平積みイメージなんでしょうね。
じっちゃんさんの案も面白い!(^.^)
2006年11月11日(Sat) 19:03
編集
>いつもながらお見事なレビューでございました。
ありがとうございます。

>ちょこっとコメントさせていただきました(^^;)
ありがとうございます。

>続編は長編で、成風堂書店内での
>お話ではないようです。
>私も楽しみ。
ありがとうございます。
うん?
2006年11月11日(Sat) 20:14
編集
ありがとうございます。
連発させちゃいましたね(^^ゞ
2006年11月11日(Sat) 21:43
この本読みたいです。
編集
って、じっちゃんさんとこで書いてました。

えーーと、我がブログにお越しいただき、光栄の至りです。

そこでちらっと書きましたが、この本の画像、bk1のアフリエイトですよね?
本の画像載せたさに、じっちゃんさんにアマゾンでのやりかた聞いて、ときどきブックレビュー載せてますが、bk1のほうがスマートですねえ。

どうやるのか教えてくださいませんか?
bk1でもなんどか購入しているのですが、やり方を調べてもわかりませなんだ・・・
2006年11月13日(Mon) 22:17
ぜひぜひ~
編集
おむすびさんのブログにコメントしたいなぁと思っていたところ、
おいしそうなおはぎが☆
おはぎ食べたくなっちゃいました(^.^)

bk1の画像ですね。
えっと、本を選ぶと「簡単リンクくんでリンクを作成する」というのがありますので、そこをクリック。
次の画面でテンプレートのイメージテンプレートから、イメージリンク大を選択します。
そして出てきた画面のHTMLソースの「コピーする(IEのみ)」をクリックでコピー完了。それを貼り付けます。
で、私は貼り付けたHTMLから
オンライン書店bk1:
の部分を消しています。ふたつあるので、二つとも消します。
そうすると、本の画像のみになるのです。

と、エラソーに書きましたが、これは私がブログを始めるときにお友達から教わったのです。
私はパソコンのこと、全然わかってなくて、何をするにもお友達頼みなのです(^^;)
るなちゃーん、いなくならないでねー!
2006年11月13日(Mon) 23:57
bk1
編集
たしかに、bk1の方がスマートですね。アマゾンのは値段やら宣伝文句やら入っててごたごたしてるし、「売らんかな」がミエミエで、以前から気に入らなかったんです。
bk1に乗り換えようかな。
2006年11月14日(Tue) 05:09
ありがとうなら、みみずははたち
編集
です!
どこにいくにも本が手放せない私です。
でもレビューを書くほど力がないので書かないことのほうが多いのですが、書くときには画像が欲しいものね。
こんど数冊「よみました」報告(図書館のも多いので書いとかないと、忘れてまた買ったりしちゃう)をしようかと思ってるので、チャレンジしてみます。

おおきに!
2006年11月14日(Tue) 08:58
編集
じっちゃんさん
友達のブログを見ていて、もし自分が始めるなら、画像だけのがいいなと思いました。この本欲しいな、と思った人には、値段がある方が親切かもしれませんが、画像をクリックすれば情報は見られますし、なにより見た目がよかったので。
アマゾンは利用したことないんですよー。

おむすびさん
いえいえ、お役に立ててよかったです。
>どこにいくにも本が手放せない私です。
私もです。お仲間~(^o^)
レビューはむずかしいですよね。
ま、いいか、私の書くことなんてこんなもの。。。
みたいな開き直りで書いています(^^;)
おむすびさんに書くほど力がないということは絶対無いですよー!
創作の方もOKだって、昨日の日記でわかりましたしw
「読みました」報告楽しみにしています。
2006年11月14日(Tue) 18:57












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

本を巡るミステリ『配達あかずきん』
北村薫が創始した「日常の謎」系ミステリについては、これまで私は熱心な読者ではありませんでした。なぜと言われても「うーん」となってしまいますが、なんかあのパステルカラーを思わせるフンワカした雰囲気(←どういう雰
2006年11月11日(Sat) 10:15
プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ