FC2ブログ

のばらのアリア

2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP読んだほん ≫ 狐狸の恋/諸田玲子

狐狸の恋/諸田玲子

狐狸の恋

にぎやかだった矢島家も、源太夫・多津一家が新居に移り、次女の君江が嫁したことで、少し淋しくなりました。
しかし、嫡男・久太郎の縁談や次男・久之助の行く末などの問題は未解決。珠江さんも淋しがっている暇はなく。。。
「お鳥見女房」シリーズ、4作目です。

読み終えて、しみじみ私はこのシリーズ好きだなぁ~と思いました。諸田さんの作品の中で一番好きですね。
今回の興味は久太郎と鷹姫さまこと恵以の仲がどうなるか。久太郎の気持ちさえ決まれば、すんなりいくんでは?と思っていたのですが、いやいや、そう簡単には(^^;)
シリーズの最初の方はあまり目立たない久太郎が成長し、いい男になっていくのが良いですね。
久之助にも新しい展開が見えますし、気になる婚家での君江の様子など、わくわくしながら読みました。
すっかり出番の少なくなった源太夫・多津夫妻ですが、騒いでばかりだった子供たちも成長して、これから子供たちに絡んだお話が色々でてくるかも!なんて期待をしてしまいます。
そして、タイトルロールの珠江さん。
今回もすてき爆発!(≧∇≦)良いですねえ、やっぱ理想の女性です。
できるだけ長く続いて欲しい、このシリーズ。もう次が読みたくてたまりません。

Comment

編集
のばらさん、諸田玲子さんがお好きなんですね~。
愛情が伝わってくる書評で、こちらも読みたくなってきます。

この「お鳥見女房」シリーズ、主人公の成長物語にもなっているというのも魅力ですね。
読んでみようかな。

諸田さん、我が静岡市出身でもありますしね。
ちなみにご出身の高校は静岡城北高校という県立の女子高校(2005年に男女共学になったそうですが)。
当時は女子高校No.1で、私の出身高校の生徒にとってマドンナ的憧れの学校でした。
2006年11月26日(Sun) 09:41
編集
諸田さんの作品すべてを読んでるわけではないのですが、『お鳥見女房』は好きです~。この本と出合ったきっかけは、図書館で借りた本でした。時代小説を借りたところ、本の中にメモが挟んであり、諸田さんのお名前と『お鳥見女房』シリーズのタイトルが書いてあったのです。
誰かが予約をしようと思ってメモしたのかな?私も読んでみようか、なんて思って(^.^)
素敵な家族の物語です。おすすめ~!

諸田さんは静岡出身でしたね!
>当時は女子高校No.1で、私の出身高校の生徒にとってマドンナ的>憧れの学校でした。
そうなんですか~!
じっちゃんさん、街ですれ違ってるかも?(^o^)


2006年11月26日(Sun) 18:10
NoTitle
編集
『お鳥見女房』買いました~。
読むのが楽しみです。
ご紹介ありがとうございました。
2006年12月03日(Sun) 08:03
NoTitle
編集
やったー!
『お鳥見女房』は派手じゃないけど、しみじみ良くて、続きが気になるシリーズです。ホント、オススメなんです。
楽しんでくださいね~\(^○^)/
2006年12月03日(Sun) 18:15
NoTitle
編集
『お鳥見女房』第1話、2話読みました。
いいですね~。
はまりそうです。
2006年12月07日(Thu) 20:41
でしょでしょ~
編集
いいでしょ~(^o^)
最初読んだときに、私は面白いけど男の人はどうかな?って思ったんです。でも、うちの父もなんだか気に入って、新刊を楽しみにしてるんですよ。面白い本に老若男女関係なしですね。
2006年12月07日(Thu) 21:54
読み終わりました
編集
読み終わりましたよ~。
いろんな本と並行読みだったので時間がかかりました(;^_^A
よかったですね。★4つはつけられます。
次作も読もう。
2006年12月19日(Tue) 07:43
わーい(^o^)
編集
★4つですか~。高評価ですね!やたーo(^-^)o
この先も面白いですよ!
2006年12月19日(Tue) 19:01
NoTitle
編集
のばらさん、『お鳥見女房』のレビューをブログに書きました。
よろしかったら、ご覧になってください。
2006年12月22日(Fri) 14:47
NoTitle
編集
はい、読ませていただきました~!
わかりやすく、読みたい気持ちにさせるお見事なレビューでございました。
恋愛に関する部分もうんうんとうなづきながら読みましたよん。
2006年12月22日(Fri) 20:54
ご無沙汰です
編集
お久しぶりです。お鳥見女房3作目の「鷹姫さま」まで読みましたよ。
久太郎と鷹姫さまはどうなるの~?
ってところで終わって、今続きが読みたくて仕方がありません。なぜか今は勝手にお鳥見女房のドラマ化を一人で企画。配役を誰にしようかで物凄く悩んでます。〈←バカ〉
お母さんが入院して大変でしょうが、のばらさんも体に気をつけて!
いつものばらさんのレビューを見て
本を借りる参考にしていますよ。
2007年06月25日(Mon) 23:06
おひさしぶりです!
編集
ゆみこうさーーーん!お元気でしたかー(^o^)
おお、ゆみこうさんも『お鳥見女房』ファンに!ホント、魅力的なシリーズですよね。私も続きが読みたい!このシリーズは月刊誌に連載後に単行本にまとまるのですが、今のところ連載がなく、年内には新作が読めないかも(;-;)
ゆみこうさんのドラマ化配役、決まったら是非教えてください~。知りたい知りたい。お気に入りの小説の配役考えるのって楽しいですよね。私もたまにやってます(^.^)

お気遣い、ありがとうございます。
母はなんとか退院することができました。入院前の状態に戻るにはもう少し時間がかかりそうですが、良くなると言われたのでホッとしてます。私もこのブログ、ほったらかしなので近々再開を、と思っております。
2007年06月26日(Tue) 20:50
キャスト案
編集
NHK朝の連続小説「お鳥見女房」キャスト決まりました!!

珠世‥手塚理美
伴之助‥小日向文世
九右衛門‥小林稔侍
久太郎‥山田孝之
九之助‥瑛太
幸江‥国仲涼子
君江‥蒼井優
源太夫‥照英
多津‥三船美佳
鷹姫‥井上真央

どうでしょう?最後まで悩んだのが多津です。またのばらさんの意見も聞かせて下さいね!
2007年06月28日(Thu) 22:47
うわ~(^o^)
編集
豪華キャストじゃないですかー\(^○^)/
水曜時代劇じゃなく、朝の連続小説ってところがまた良いですね!毎日なんとなく見てますが、これなら夢中で見てしまいますよ!
子供たちのキャストが良い感じですね。これなら若いヒトも見たいと思いますよね。君江と鷹姫、私的にツボです~。多津の三船美佳さんは意外でしたが、キリリとした表情と母性の両方が出せそうです。源太夫とお似合いだし(^.^)

私はいつも珠世さんを誰にするかで考えこんじゃうんですよね。で、先へすすめない(^^;)
ゆみこうさん、ナイスキャストでしたー。ホントに見てみたい!
2007年06月29日(Fri) 20:51












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

お気に入りがまたひとつ増えました-『お鳥見女房』
楽しみなシリーズがまた増えました。諸田玲子さんの『お鳥見女房』シリーズです。諸田玲子さんは、何を隠そう、私と同郷、静岡市生まれであります。しかも、私の出身高校の憧れの的だった女子高校のご出身者 今は共学
2006年12月22日(Fri) 14:55
プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ