FC2ブログ

のばらのアリア

2019年08月 ≪  123456789101112131415161718192021222324252627282930 ≫ 2019年10月
TOP読んだほん ≫ スノーバウンド@札幌連続殺人事件/平石貴樹

スノーバウンド@札幌連続殺人事件/平石貴樹

スノーバウンド@札幌連続殺人
札幌の町で浩平にナンパされた久美子は誘われるまま、彼の部屋へ。しかし、浩平は久美子を縛り上げ「お前を誘拐した。身代金に1千万要求する。」と久美子をクローゼットにおしこめる。どうやら他にも仲間がいるらしい。クローゼットの中で久美子は仲間われなのか争う様子を聞き、警察に助けられたときには浩平は死体となっていた。彼を殺したのはだれか?東京から事件を解決するために美貌の車椅子の弁護士、山崎千鶴がやってくる。。。

事件の真相を知ったものの、何も話さずに去ってしまった弁護士・山崎千鶴。残されたものたちは事件の経過を正確に記す事で彼女がたどりついた真相に近づこうと、ノートを書き始めます。4人の事件関係者たちによって書かれた手記、という形の小説です。地味ですが、丁寧に書かれた面白い本格ミステリでした。山崎千鶴弁護士が探偵役の作品は以前にも読みました。美人で色っぽく(ルパン3世のフジ子さんみたいという記述もあり)明るい性格とされているんですが、なんだか、どろどろしたものを抱え込んだ女性という印象を受けました。この作品のラスト謎とき部分では犯人とともに彼女のことも語られ、それが結末を重く辛いものにしています。

Comment

編集
平石さんは随分昔に『笑ってジグソー、殺してパズル』って作品を読んでます。が、ごめんなさい、あまり印象に残っていません(昔なので読書記録にも残っていない)。もひとつ『だれもがポーを愛していた』というのを持ってるんですが、例によって(;^_^A 積ン読本です。

ちょっと興味があるのは、平石さんて(こう言うとちょっと失礼ですが)メジャーな作家さんではないですよね。のばらさんが、この『スノーバウンド@札幌連続殺人』を選択されたきっかけは何なんでしょうか?
2007年01月21日(Sun) 09:34
編集
どちらも私は未読です。確かにメジャーとはいえない平石さんをしっかり読んでらっしゃる(そして積んである^^)じっちゃんさんもミステリ好きっ!

きっかけは以前なにかで平石さんのインタビューを見て。どんな小説を書かれているのかな?と読んだのが『サロメの夢は血の夢』でした。そのときの印象はイマイチだったのですが、今回の作品の探偵役が『サロメ~』と同じ山崎千鶴弁護士だったので、また読んでみようかなと思ったしだいでございます~。
2007年01月21日(Sun) 17:23












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

プロフィール

のばら

Author:のばら
トイプードルの男の子
ハルとのざっくりした日常

ハル
フリーエリア
PVアクセスランキング にほんブログ村
月別アーカイブ
POWERED
Template by
FC2ブログのテンプレート工房
Design&Customize by
Pretty Heart-blog
Powered by FCブログ